聞いて良かった!結婚指輪の裏話!

結婚指輪は本当にいらない?

最近は結婚はしても結婚式をしないから結婚指輪をつけると人が減ってきている気がします。ですが女性なら誰もが指輪を貰って嫌な気持ちにはならないでしょう。結婚指輪をつける本当の意味を知ったらあげたくなる気持ちも貰いたくなる気持ちも出てくるかもしれません。 そもそも 結婚指輪の意味は形にも含まれていてその丸い形が永遠に途切れることのない愛を形に表しています。付けていることによって夫婦の形を確かめるものでもあります。他人の目からみても薬指に指輪を着けた男女をみたら「あ、夫婦なんだ!」と見えます。そういった意味でも結婚指輪は自分達以外にも結婚を証明する証かもしれませんね。ではなぜ薬指に指輪をするのかを詳しく見てみましょう。

結婚指輪をつける指の意味

結婚指輪をつける指と言えば左手薬指です。一般的に何故そうなったのかはギリシャ神話から由来があるそうです。古代ギリシャで人間の感情は心臓に司ると言われていて左手の薬指には心臓につながる血管があると信じられ、その感情司る心臓に繋がることから相手の感情を掴み結婚の誓いをより強いものにする意味があります。そして指輪をはめる左手薬指ですがその指にも意味があります。「愛の絆を深め、夢を実現させる。」といった意味がこめられています。知れば知るほど愛に深い意味がこめられていますね。 結婚を意識したときに本当の意味を知りながら結婚指輪を渡す側、貰う側と喜びや愛の深さに対してまた感じ方が変わりますね。結婚指輪はいらないと思っていた人、こんな素敵な意味を込められた結婚指輪、とてもいいものに思えて来ませんか?