結婚指輪と婚約指輪、何が違うの?

好きな人から両方贈られたい指輪

婚約指輪は文字通り、結婚の約束が成立した証として男性から女性に贈るのが一般的です。プロポーズと同時にサプライズとして渡したり、プロポーズ承諾後に一緒に彼女の好きな指輪を買いに行ったりカップルによって様々なスタイルがあることでしょう。通常、婚約指輪には宝石が付いており、ダイヤモンドが最もポピュラーなチョイスになっていますよね。ヨーロッパにサファイアの婚約指輪を贈った王子様がいましたが、宝石は婚約者の好みや希望に合っていれば特に決まりはないようです。 一方、結婚指輪は既婚者である証としてお互いに交換して、左手の薬指につけるのが一般的です。大きな石など華美な宝石は付いておらず、シンプルなデザインが多いのではないでしょうか。指輪の丸は”途切れることの無い愛情”を象徴していると言われています。

婚約・結婚指輪を普段使いに

指輪をはめるという習慣自体、日本では比較的新しい習慣で明治以降から徐々に定着したと考えられています。西洋では、男女を問わず貴族階級の人達の間ではポピュラーな装飾品であったようです。今でも欧米では、既婚女性が左手の薬指に婚約・結婚指輪を一緒につけているのをよく見かけますが、日本ではそれほど定着していないのではないでしょうか。特に婚約指輪は石が付ていることが多いので、特別な日や外出時のみにつけるという人が多いように見受けられます。 家事や育児邪魔になるから指輪なんかしていられないと言う意見もあると思いますが、婚約指輪は結婚前の旦那さんからの一番大きな贈り物の一つだし、結婚指輪も二人の愛情の証として仕舞いこまず普段からつけていると、自然と指輪も指の一部として馴染んでいくのではないでしょうか。